2. 内宮

神棚は家庭の守り神といわれています。お神札や御分霊をおまつりするお社(やしろ)です。神様を敬い、祖先を尊び、家の繁栄と円満を祈ります。

三社造り(お札を納める扉が3つあるお社)の神棚では、中央に天照皇大神宮の大麻(おおぬさ)を、向かって右に氏神様の御札を、そして、左には信仰する神社の御札をお祀りします。

朝起きて、神棚に、手を合わせ家内安全、商売繁盛、無病息災を願い一日を無事に暮らせます様にお参りします。

2尺箱宮 4尺箱宮 神棚
No. 668: 3尺 箱宮、ケヤキ、
48H x 92W x 34D
No. 657: 4尺 箱宮、ケヤキ、
67H x 116W x 42D
No. 965: 神棚、尾州木曽桧棚板 3H x 90W x 38D
sakaki-s 龍とは、雲をおこし雨を呼ぶと言われていて、箱宮には、色々と縁起の良い彫刻と扉に錺金具がついています。三尺の箱宮には、中央の欄間に二頭の龍、両脇の検飩に恵比寿様と大黒様、そして、中枠に鳳凰と鶴。四尺の箱宮には、ニ頭の龍の他鶴と亀、牡丹に唐獅子。 sakaki-s
神棚一式 神棚一式 神棚一式
No. 868: 神棚一式 No. 872: 神棚一式 No. 681: 神棚一式
sakaki-s 尾州木曽桧とは、江戸時代、尾張藩の直轄地で徳川家の御用木です。色、ツヤ、香りと、日本の中で最高の物です。尾張藩徳川家が木曽桧を管理して、木曽福島、王滝、上松、南木曽、あたりです。江戸時代から尾張藩が、きちんと管理した結果、植林材でも300年を超える物は天然木です。 sakaki-s
3尺神明 尺6寸 "上" 2尺神明
No. 660: 3尺 神明、ケヤキ、
61H x 100W x 40D
No. 733: 尺6寸(上)、ヒノキ、 40H x 53W x 26D No. 731: 2尺 神明、ヒノキ、 48H x 71W x 30D
sakaki-s 「欅製神明三社造り」について三社造りとは、中央の扉の中あるのは天照皇大神宮のお札です。両脇の扉は、向かって右側に地元の氏神様、左側に、崇拝している神様のお札を祀りします。付いている金物は、神社仏閣に付いている、伝統工芸品の錺金具です。 sakaki-s
25神明 尺テリ屋根 尺6寸神明
No. 730: 25神明、ヒノキ、
56H x 85W x 34D
No. 650: 尺 テリ屋根、ヒノキ、 62H x 37W x 45D No. 732: 尺6寸 神明、ヒノキ、
40H x 53W x 26D
6寸一孔 祖霊舎
No. 735: 6寸一社、ヒノキ、 40H x 34.5W x 14D No. 717: 祖霊舎、ヒノキ、
38H x 46W x 47D
厨子 厨子各種 0899 厨子
No. 964: 厨子、
8寸枠=37H x 27W x 14D、へいしん立て入り
5寸扉=22.5H x 19.8W x 13D
3.5寸扉=20.5H x 14.5W x 9.5D、へいしん立て入り
No. 734: 厨子各種 No. 899: 厨子、ヒノキ、
60H x 42W x 28D
神徒壇 神徒檀
No. 670: 神徒壇、ヒノキ、
118H x 79W x 67D
No. 671: 神徒壇、ヒノキ、
118H x 79W x 67D
箱宮 各種箱宮 各御宮8点
No. 728: 箱宮 No. 729: 各種箱宮 No. 705: 各御宮8点、ヒノキ