1. 外宮

稲荷の神様は食物の神様で、特に、稲生り神、つまり日本人の主食であるお米の出来を司る神様ということから、開運・商売繁盛の神様として信仰されています。

尺5寸浜縁

唐破風

唐破風

斗 組

斗 組

No. 698: 尺5寸 浜縁、ケヤキ、142H x 80W x 95D
「欅製一尺五寸浜縁唐破風向拝付」とは、建物の前面に屋根を突き出した部分で、向拝では正面に唐(から)破風をつけ飾るものもある。向拝は、出入口にあたるので本体より飾る場合が多く、頭貫(かしらぬき)を虹梁(こうりょう)形にし木鼻(きばな)も彫刻をつける。頭貫上に蟇股(かえるまた)を置く向拝にかけられた垂木(たるき)を打越(うちこし)垂木とよび、向拝柱列は繋(つなぎ)虹梁や手挟(たばさみ)で緊結される。
尺 浜縁

胴彫

胴彫

尺2寸向拝
No. 665: 尺 浜縁、ヒノキ、91H x 50W x 62D No. 673: 尺2寸 向拝、ケヤキ、
99H x 61W x 60D
sakaki-s 尾州木曽桧は、戦前は、皇室、天皇家の持山で御陵林、御陵木と言われ、終戦後、昭和二十二、三年頃から町の材木屋に置く様に成った様です。桧は、向拝宮や神棚、神明造りのお宮は欅、杉、サワラなどでした。 sakaki-s
尺 浜縁 尺 向拝 尺5寸祠
No. 682: 尺 浜縁、ケヤキ、
91H x 50W x 62D
No. 664: 尺 向拝、ヒノキ、
90H x 52W x 51D
No. 669: 尺5寸 祠、ヒノキ、
124H x 64W x 65D
尺 祠 8寸 祠 6.5寸折れ屋根
No. 691: 尺 祠、ヒノキ、
81H x 42W x 44D
No. 693: 8寸 祠、ヒノキ、
66H x 31W x 35D
No. 694: 6.5寸折れ屋根、ケヤキ、
51H x 27.5W x 34.5D
外宮 祠 0890 尺2寸 祠 0907 尺5寸 祠
No. 767: 尺2寸 祠、ヒノキ、 95H x 50W x 53D ・宮台部:御影石、 90H x 60W x 76D No. 890: 尺2寸 祠、ケヤキ、
97H x 44W x 56D
No. 907: 尺5寸 祠、ケヤキ、
126H x 56W x 67D