4. その他神具

日々のおまいりに必要な神具は多数取り揃えています。特に鳥居の赤色は、豊年を象徴する色と言われ、鳥居には「通る」というところから願い事が通るという意味があります。各神祭具一式承ります。

神具セット金属製 神具セット陶器製
No. 786: 神具セット7点、真鍮製(磨き)、サイズ各種 No. 787: 神具セット5点、陶器製、サイズ各種
日本では古くから神事に用いられる植物であり、古来から植物には神が宿り、特に先端がとがった枝先は神が降りるヨリシロとして常緑植物が用いられたが、家庭の神棚にも捧げられ、月に2度、1日と15日(江戸時代までは旧暦の1日と15日)に取り替える習わしになって、神棚では榊立を用います。
お狐 鳥居 青磁狛犬
No. 782: お狐(稲荷)、一対、陶器製、
金付き、サイズ各種
No. 784: 鳥居、朱塗、木製、サイズ各種
5尺・6尺(朱塗、総ヒノキ造り)
No. 783: 青磁狛犬、一対、金付き、サイズ各種
sakaki-s 鳥居とは神社への入り口が鳥居です。天照大神が天の岩戸にお隠れになりその際に、ニワトリを泣かせた止まり木から「鳥居」と言われたそうです。鳥居をくぐって天照大神の光に包まれて神の威光に触れる事を象徴しています。 sakaki-s
鈴緒 さい銭箱 みす
No. 946: 鈴緒、アサ 直径:8cm 長さ:270cm No. 790: さい銭箱各種 No. 860: 御翠簾(みす)、特注品
sakaki-s 神社の御神前の賽銭箱にお賽銭を投げて、垂れ下がっている綱(鈴緒)を振って鈴を鳴らし、願い事が叶えられる様に祈ります。 sakaki-s
提灯 榊枠
No. 953: 提灯、尺2丸、文字入り No. 961: 榊枠、中に陶器の角花を入れます
高さ:12cmx幅:15cm角、高さ11cmx幅13cm角
sakaki-s 「御祭提灯」について お祭りや縁日など、町内会や団体名その他、奉納者の 名前を入れて神社の参道に照明や装飾として活用し、お祭りの雰囲気が一層盛り上がります。 sakaki-s
外宮 しめなわ しめなわ
No. 853: 〆縄(鼓胴〆)、 直径:10cm 長さ:180cm ・6尺稲荷幟(1対)、高さ:180cm No. 955: 〆縄(しめなわ)、鼓胴注連
直径:10cm 長さ:180cm、化繊・アサ色
No. 973: 〆縄(しめなわ)、家庭神殿用
直径:6cm 長さ:180cm、化繊
sakaki-s 〆縄(注連縄/しめなわ)を巻いた御神木は、古神道における神籬(ひもろぎ)として木や森をさします。神宮の境内にある御神体は、神聖視され注連(しめ)を付けてお守りするものです。 sakaki-s
神額 錺金具 0900 三宝各種
No. 867: 神額、ケヤキ、1尺 No. 791: 錺(かざり)金具各種、手打ち
稲荷紋、三ツ巴、弁財天、地蔵紋、丸に剣片喰
No. 900: 三宝各種、キリ、ヒノキ
sakaki-s 錺金具は、銅板を鏨【たがね】を使って形を切り抜き、文様を彫る。彫りには、透彫【すかしぼり】、毛彫【けぼり】、蹴彫【けりぼり】、肉彫【ししぼり】、魚子【ななこ】等の技法がある。彫りの終わった錺金物は必ず表面に仕上げを施し、仕上げには、水銀焼付による金鍍金【めつき】のほか、漆箔押し、金銷【きんけし】、漆焼付、七宝等の技法があり、伝統工芸品です。 sakaki-s